伝えたい!という気持ち

少し話がずれてしまうかもしれませんが。彼と海外へ行った時、私は海外慣れしている彼に全てを任せて頼っていました。なので何も知識がなかったし言葉もわかりませんでした。その状態でのほほんと滞在を楽しんでいたら突然私以外の彼女という人が現地にやってきて鉢合わせしてしまいました。すぐにでも私一人、違うホテルに移動してチケットが取れ次第さっさと帰国したかったのですがその時は飛行機のチケットをどうやって買うかすら知らなかったのです。その後二週間、疑惑をのらりくらりとかわす彼と一部屋、ダブルベッドで過ごしました。本当に辛かった。そんな事はよくあることでは無いけれど、何があっても自力で帰国できるくらいの知識はしっかりインプットしておいた方が良いです。
英語も日常会話すらまともに出来ないレベルですが英語圏では無い国へ行く時は特に前もってある程度の「会話でよく使う言葉」をイラストをまじえて紙に書くことにしています。現地の文字、英語、日本語読み、日本語訳、イラストをかきます。中には母国語でも文字を読めない人が多い国もあるのでイラストと日本語読みのメモは重要な存在になります。本当に簡単なトラベル会話です。こんにちは、ありがとう、またね、バイバイ、お腹がすいた、お腹がいっぱい、のどが渇いた、いくらですか?、などです。ありがとうくらいなら前もって言葉を覚えられるかもしれないですね。覚えられそうなものは覚えてしまいましょう!

«
»