世界を股にかけるための言語

とにかく国際共通語なだけあって、今や、英語ができなければなにもできないような時代にすらなりつつあるように思います。かくいう自分も、英語が苦手なせいでなかなか良いアルバイトに就業できず、コンビニや派遣のアルバイト、在宅ワークでフラフラと働く毎日です。なにより、英語ができなければ世界が見られない。私は日本を飛び出したいと思っていますが、そのためには、少なくとも英語ができなければ話になりません。英語ができれば世界は広がる。各国の人々と交流ができ、文化に触れ、科学に触れることができる。高校生の頃の私の、英語の勉強を怠けたツケが今回って来ています。何故ちゃんと勉強してこなかったのか、何故ほとんど興味を示さなかったのか。後悔する毎日で。設問2でも述べましたが、現代社会は英語無しには生きられません。それに、英語ができないという、たったひとつの事実があらゆる可能性を潰します。
小学校での英語の必修化は非常に良いことだと思います。ただ、日本での「英語」はあくまで学校の授業に止まりがちだと思います。もっと、言葉として触れる機会を増やし、国語並みに馴染混ぜていくべきではないでしょうか。日常生活の中で自然に言葉として身体に馴染ませていく、それが真の言語習得ではないかなぁと私は考えています。
ですから、英語の習得は幼稚園からでも早すぎることはないのではないでしょうか。単語や文法を丸暗記して詰め込むこれまでの勉強法とは違う、時間をかけて染み込ませていく勉強法こそ、これからの日本に必要であると思います。

«
»