金にならんPR

PRと言うと私はいつも中途半端だと思う。
私自身のある一面をPRしてもそうやって人にPRして少しでも人によく思われたんなら、そのイメージが続くようにやればいいのに重荷になったりやっても意味ないのでは?と言う考えが頭を横切り自分のやってる事を中途半端に終わらせてしまう。

それはなぜかってよく考えるが結局は金の話。
金が絡んでまで人は自分のPRしたい事を使わないし(この絵買ってくれー。
俺の作った食べ物美味しいですよと、金にならないことをずっとPRし続けてもゼロで、いくら積み重ねようが掛け合わせようがゼロのまんまである。
そんなわけで金が最も良いモチベーションになるわけですがそんな金を稼ぐにもやはり自分をPRしなければならないわけでPRと言うのはついて回る。
バイトやるにも履歴書なり職務経歴書なりむろん面接も。
俺が金にならんPRを再開する時は金になるPRをし続けて金を得てそして金が満足いく所まで稼いだらと決めてるが、だからこそ金にならないPRをし続けてる人は偉いと思う。
世の中そりゃ金じゃないが金にならん事をPR以外でもやり続けてきた俺にとって金はとてつもすぎるほど重要であり死活問題である。
そんな中スーツ服来て就職しに必死にPRする学生達の姿を見ながら俺は心の中で敬礼しまくってる。
それは勿論金にならんどころか運賃費云々でマイナスになるPRを何度もやり続けたとしても、就職と言う手に入れたいもの手に入れたPRに変わるようにと。

アピールとPR

「自己PRでアピールしよう!」という文章を読んで、ふと思った。
PRとアピールって、似てるけどどう違うんだろう?
どちらも自分を売り込む時に使う用語だと思うけど、こうして並べて使うこともできるんだろうか?

調べてみると、PRは「PABLIC RELATIONSの略。
活動や商品などを広く知らせ、多くの人の理解を高めるために行う宣伝広告活動」、アピールは「主張などを世論や他人に訴えること」とあった。
こうして比べてみると、PRは商業的で、アピールはもっと個人的なイメージなのだろうか?
PR会社はあるけど、アピール会社とは言わないし。
きっと、面接なんかで好まれるのはPRで、好きな人なんかに対してするのはアピールなんだろうな。
以前、婚活イベントに参加した時に、「自己アピールしてください。趣味は料理と言うと受けが良いですよ。」なんてことを言われたのを思い出した。
趣味は料理だなんて!めっそうもない。
カレーライスひとつ箱の裏を読まないと作れないのに。
もっと料理の勉強しとくんだった。
でも、うそをついてまで自分をアピールしようと思えない。
結果、趣味は旅行にして、男性受けはいまいちだったんだと思う。
女の人は旅行好きが多いけど、男性はそうでもない人が多いからお金がかかりそうだと敬遠されるんだそう。
アピールするって難しいなぁ。
誰か旅行好きな男性が、アピールしてきてくれないかなぁ。

鏡もちでお正月を迎える
年賀はがき当選
お年玉くじは年賀状の楽しいオマケ企画。一番は宛先への年始の挨拶など気遣いの手段として使うと運が向いてくるかも。
www.hpfree.com/nenga/
関連:www.immobilier-landes.info

«
»